news

ニュース

【ラグザス/RAXUS】カーネクストアジアプロ野球チャンピオンシップ2023の「始球式」に女子プロ野球選手を夢見る姉妹を招待

ラグザス株式会社(本社:大阪市北区/代表取締役社長:福重 生次郎、以下当社)は、11月18日(土)に開催された「カーネクストアジアプロ野球チャンピオンシップ2023」の日本対オーストラリア戦の始球式に、将来女子プロ野球選手を目指す姉妹を招待いたしました。

ラグザスグループは「子どもたちに夢や希望を与える」というコンセプトのもと、先日開催されたカーネクストpresents第9回WBSC女子野球ワールドカップ・グループBに続き、今回も女子プロ野球選手を目指す姉妹を招待しました。(2月に開催されたカーネクスト侍ジャパンシリーズ、3月に開催されたカーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™ 東京プールでも小学生を招待)姉妹は自分の課題克服や夢に向かって挑戦する強い思いを持っており、当社はそんな2人を応援する為に、11月18日(土)の日本代表対オーストラリア戦の始球式に招待いたしました。

以下、始球式前に綴られた姉妹の思い
姉:ひよりさん
公の舞台で自分を出せずに悩んだ時期もあったので、大舞台で始球式を務めて殻を破り自分らしいピッチングをしたいです。度胸をつけて次のステップに進みたいと思います!

妹:かのんさん
野球の練習中に起きた大怪我の影響で、今はリハビリ中で野球は出来ないのですが、高校から県外に行くお姉ちゃんのボールを受けたいと思い捕手役として立候補しました。将来はお姉ちゃんより速いボールを投げたいです!

始球式の前に、今回のイベントに対する2人の思いや、お姉ちゃんから妹、妹からお姉ちゃんへのメッセージが読み上げられ、球場全体が姉妹を心から応援する雰囲気に包まれました。今回の始球式を通じて、観戦に訪れた皆様にも感動を与える素晴らしい始球式になったと考えております。

また、始球式を終えて大役を果たした姉妹は、キラキラと輝いた表情で「今日の経験をこれからの人生に生かしたいと」熱く振り返りながら語ってくれました。

姉:ひよりさん
大観衆の中ということで、緊張していたが雰囲気がとても見方してくれて心強かった。投げ終えた後も色々な方から声を掛けられ、将来そういう選手になりたいと思いました。プレッシャーを楽しむということがどういった事か、少し分かった気がします。これからもっともっと野球の練習を頑張ろうと心の底から思いました。

妹:かのんさん
球場の雰囲気が凄かった。絶対にもう一度こういった雰囲気の中で自分の野球がやりたいです。自分の目標が大勢の方の前で発表されたので、必ず現実にします。

ラグザスグループでは、今大会を通じて多くの方に夢や希望を与える取り組みを行ってまいりました。当社は今後も事業活動や協賛活動を通じて、「世界に笑顔の人を増やす活動」や、「多くの方に喜んでいただけるような取り組み」を積極的に展開してまいります。

ラグザス株式会社について

当社は、ミッションである「今ここにない未来を創り出す」をもとに、“業界構造を変える、新たなマーケットプレイス”となるようなインターネットのプラットフォーム事業やメディア事業、オンライン学習サービス事業を展開しています。「新たな価値の創造と、関わり合う人が幸せになること」を目指し、複数のIT企業を子会社に持つホールディングスカンパニーとして、多様な事業で持続的な企業価値の向上を目指してまいります。

<会社概要>
・会社名:ラグザス株式会社 ※2022年11月に持株会社体制に移行
・代表者:代表取締役社長 福重生次郎
・本社所在地:大阪府大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪タワーB 18階
・事業内容:インターネットのプラットフォーム事業やメディア事業
・URL:https://raxus.inc/

<ラグザスグループのインターネットサービス一覧>