news

ニュース

【ラグザス/RAXUS】令和らしく生きる働く会社員を応援するメディア「totolabo」の事業を取得

ラグザス株式会社(本社:大阪市北区/代表取締役社長:福重 生次郎)は、令和らしく生きる働く会社員を応援するメディア「totolabo」の事業を取得し運営を開始いたしましたので、お知らせいたします。

「令和らしく生きる働く会社員」を応援するメディア『totolabo』は、これからの時代のキャリア(生き方・働き方)をより自分らしく面白味のあるものにするために必要な情報を発信するWebメディアです。新しい時代におけるキャリアプランの描き方や、転職・副業・スキルアップに役立つ情報などを軸に情報を発信しています。

当社では日本が抱える深刻なIT人材不足を解決すべく、Ed-Tech領域として、「忍者CODE」などのサービスを展開し、「本気でITスキルを身に付け、将来に役立たせたい」と思っている人のサポートを行っております。

「totolabo」メディアが大切にしてきた「これからの時代のキャリアをより自分らしく面白味のあるものにするため」の情報発信をさらに強化し、また当社既存事業の受講生などからヒアリングした、キャリアやスキルアップに対する生の悩みをもコンテンツに反映し、より時代に即した幅広い情報と、深みのある内容を発信してまいります。

 

「令和らしく生きる働く会社員」を応援するメディア「totolabo」:https://totonoesan.com/

 

■忍者CODEについて

忍者CODE(https://ninjacode.work/)は、Web制作やプログラミングのオンライン学習サービスです。

エンジニアチームやWebデザインチームが自らの経験をもとに、未経験者、初学者に寄り添った「挫折させないオンライン講座」を開発・提供し、未経験からプロを目指す事ができる講座を提供することで、IT技術者の人材不足の課題解決にも取り組んでいます。

専門スタッフがほぼ24時間365日チャットサポートに対応しており、入会以降は追加費用一切無しで一生涯サポートする仕組みとなっているため、いつでも相談ができ、未経験の方でも安心して学ぶことが出来るサービスを提供しています。

■ラグザス株式会社について

当社は、ミッションである「今ここにない未来を創り出す」をもとに、”業界構造を変える、新たなマーケットプレイス”となるようなインターネットのプラットフォーム事業やメディア事業、オンライン学習サービス事業を展開し、「新たな価値の創造と、関わり合う人が幸せになること」を目指し、複数のIT企業を子会社に持つホールディングスカンパニーとして、多様な事業で持続的な企業価値の向上を目指してまいります。

<会社概要>

・会社名:ラグザス株式会社 ※2022年11月に持株会社体制に移行

・代表者:代表取締役社長 福重生次郎

・本社所在地:大阪府大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪タワーB 18階

・事業内容:インターネットのプラットフォーム事業やメディア事業

・URL:https://raxus.inc/

 

<ラグザスグループのインターネットサービス一覧>