news

ニュース

【ラグザス】将来女子プロ野球選手を夢見る女子中学生をカーネクストpresents第9回WBSC女子野球ワールドカップの始球式に招待

ラグザス株式会社(本社:大阪市北区/代表取締役社長:福重 生次郎、以下当社)は、9月16日(土)に開催されたカーネクストpresents第9回WBSC女子野球ワールドカップ・グループBの日本対チャイニーズ・タイペイ戦において、将来女子プロ野球選手を夢見る中学生を招待しました。

※写真は始球式を務めてくれた藤原桜空(さくら)さんと、侍ジャパン女子代表中島監督

■女子中学生を始球式に招待した背景

今回の始球式には、女子野球の世界大会ということもあり、将来女子プロ野球選手を目指す子どもに是非投げて欲しいといった思いから、女子プロ野球選手を夢見る女子中学生の藤原桜空さんを選出しました。

藤原さんの将来の目標は2つ
1.4年後の甲子園のマウンドに立って全国制覇すること
2.女子プロ野球選手になって日本代表に選ばれること

始球式直前、大舞台での大役に緊張していた藤原さんですが、どこかそれ以上の楽しみ・期待感が感じられました。実際の始球式では、憧れ・目標とする選手の前で堂々とした投球を披露し、会場に訪れた多くの方から盛大な拍手が送られました。

当社は、「今ここにない未来を創り出す」をミッションとし、世界に笑顔を増やすために挑戦を続けるIT企業として、夢や目標に向かって挑戦を続ける人々を応援する企業でありたいと考えております。今回は、侍ジャパンオフィシャルタイトルパートナー、WBSCグローバルスポンサーとして、そんな1人の中学生が追いかける夢を応援できたことを嬉しく思います。また今回の経験が、彼女にとって大きな財産となり、これからも夢や目標に向かって突き進んでほしいと願っています。

▼始球式を終えた藤原さんの感想
大勢の人の前での始球式は緊張したけど、自分のベストピッチができて良かったです。小さい頃から目標としていた選手の前で投げられたことが凄く嬉しい。将来は絶対日本代表に選ばれて、今度は自分が目標とされる選手になれるように、もっと努力しようと思います。

■ラグザス株式会社について

当社は、ミッションである「今ここにない未来を創り出す」をもとに、”業界構造を変える、新たなマーケットプレイス”となるようなインターネットのプラットフォーム事業やメディア事業、オンライン学習サービス事業を展開しています。「新たな価値の創造と、関わり合う人が幸せになること」を目指し、複数のIT企業を子会社に持つホールディングスカンパニーとして、多様な事業で持続的な企業価値の向上を目指してまいります。

<会社概要>
・会社名:ラグザス株式会社  ※2022年11月1日に持株会社体制に移行
・代表者:代表取締役社長 福重 生次郎
・本社所在地:大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪タワーB18階
・事業内容:インターネットのプラットフォーム事業やメディア事業
・URL :https://raxus.inc/

<ラグザスグループのインターネットサービス一覧>