news

ニュース

WBSCグローバルスポンサーのラグザス株式会社が、糸井嘉男氏と共に侍ジャパン女子代表の激励に訪問

ラグザス株式会社(本社:大阪市北区/代表取締役社長:福重 生次郎、以下当社)が、カーネクストpresents第9回WBSC女子野球ワールドカップ グループステージBに向けた侍ジャパン女子代表の公式練習に、侍ジャパンOBの糸井嘉男氏と激励に訪問しました。

野球日本代表「侍ジャパン」のオフィシャルタイトルパートナーであり、WBSCグローバルスポンサーであるラグザス株式会社が、野球日本代表・侍ジャパンの一員として2013WBCに出場した糸井嘉男氏と共に、カーネクストpresents弟9回WBSC女子野球ワールドカップ・グループBを翌日に控える侍ジャパン女子代表の公式練習に、激励に訪問しました。

実際の激励では、糸井嘉男氏からの激励や、侍ジャパン女子代表にお渡しした記念タオルと糸井嘉男氏の記念撮影などが行われました。

野球日本代表「侍ジャパン」において、トップチームは3月に開催されたWORLD BASEBALL CLASSIC(WBC)で優勝、7月に開催された第44回日米大学野球選手権大会では侍ジャパン大学代表が優勝、先日開催された第31回WBSC U-18ベースボールワールドカップにおいても、侍ジャパンU-18代表が初の世界一と、素晴らしい成績を収めています。そして、今回のカーネクストpresents第9回WBSC女子野球ワールドカップは、侍ジャパン女子代表の大会7連覇をかけた戦いになります。前回大会はコロナ禍の影響などもあり、大会6連覇を果たした2018年の第8回大会(アメリカ・フロリダ開催)。そこから5年ぶりに行われる女子野球ワールドカップということもあり、連続出場となる選手も初出場となる選手も、非常に良い表情で緊張感ある練習が行われていました。

当社は、侍ジャパン女子代表に7連覇を達成してもらいたい。一緒に女子野球界を盛り上げたい。野球を通じて日本中に喜びや感動を届けたいといった思いから、侍ジャパン女子代表の激励に至りました。今後も、メディアやイベントなど広範な場においてラグザスブランドへの親しみ、信頼をさらに高められるように積極的に活動し、日本中に夢・感動・喜びをお届けすると共に、ラグザスグループの企業価値向上に注力して参ります。

▼侍ジャパン女子代表を激励した糸井嘉男氏のコメント
グローバルスポンサーを務めているラグザス株式会社と一緒に激励に行き、良い表情で練習されている姿を見て、本当に行って良かったと思いました。7連覇に挑戦する侍ジャパン女子代表の試合が非常に楽しみです。皆さんで侍ジャパン女子代表を応援しましょう!

▼侍ジャパン女子代表、中島監督のコメント
三次まで激励に来ていただいて、色々な方から応援されていると改めて実感しました。日本中の期待を背負って、7連覇に向けてグループステージを突破できるよう、全力で戦います。

■ラグザス株式会社について

当社は、ミッションである「今ここにない未来を創り出す」をもとに、”業界構造を変える、新たなマーケットプレイス”となるようなインターネットのプラットフォーム事業やメディア事業、オンライン学習サービス事業を展開しています。「新たな価値の創造と、関わり合う人が幸せになること」を目指し、複数のIT企業を子会社に持つホールディングスカンパニーとして、多様な事業で持続的な企業価値の向上を目指してまいります。

<会社概要>
・会社名:ラグザス株式会社  ※2022年11月1日に持株会社体制に移行
・代表者:代表取締役社長 福重 生次郎
・本社所在地:大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪タワーB18階
・事業内容:インターネットのプラットフォーム事業やメディア事業
・URL :https://raxus.inc/

<ラグザスグループのインターネットサービス一覧>